九州大学病院では、福岡市東区医師会の先生方との病診連携を推進するため、平成13年1月より脳卒中ホットラインを開設しております。
24時間体制で電話相談や救急時の受診・入院に対応し、rt-PA血栓溶解療法などの超急性期脳卒中診療を行っています。

 

救命救急センター(ER)と連携し、24時間オンコール体制で対応しています。
ER医師に加え、当科は2人の専門医(病棟医と上級医)および研修医の3名体制で対応しています。上記ホットラインで受けた患者さんも、救命救急センターで一旦お受けした後、当科で対応することとなります。

 

月曜日から金曜日(11時受付)まで上級医が毎日対応しています。
(外来担当表参照)

 

九州大学病院の脳血管内科は、大学病院内におきましては、腎・高血圧.脳血管内科という診療科名(旧・第二内科)で診療を行っています。
我々のグループは、脳卒中を、神経病というよりもむしろ脳に生じる血管病という観点でとらえており、より全身の血管病・生活習慣病に重きをおいた診療を行っています。腎・高血圧、脳血管内科(旧・第二内科)には、高血圧・心臓病、糖尿病・脂質異常症、腎臓病を専門とした診療グループもあるため、それらのグループとも連携しながら、血管病の治療・管理を行います。脳血管障害の発症予防(および再発予防)を的確に行うには、脳血管障害の病型診断、すなわち、病態の把握が極めて重要です。近年の画像診断学の目覚ましい進歩により、単に脳梗塞といっても様々な病態で発症していることが明らかになっています(図)。また、ひとたび脳血管障害を発症すると、その後の再発リスクは極めて高く(FSRでは6%)*、再発により神経症候は相乗的に悪化します。そのため、病型診断とそれに応じた的確な治療による再発予防が必要なのです。急性期の診療は、血栓の除去・溶解、全身管理、早期リハビリテーションとともに、この今後の再発予防に重点がおかれています。
*参考文献 Kamouchi et al. Cerebrovasc Dis 2012また、当科で急性期脳血管障害の臨床を経験した医師を、関連の回復期リハビリテーション病院へ派遣しており、リハビリテーション治療との連携を緊密化しています。また慢性期においても再発予防管理をきっちりと行うことが大切です。

1) 脳卒中を疑わせる脳疾患(一過性脳虚血発作を含む)・急性意識障害
2) “突然発症”の頭痛・めまい・認知機能障害
3) 脳外科的手術(血管内カテーテル治療を含む)を考慮する患者さんの術前検査
– 脳主幹動脈・頸動脈の狭窄病変
– 未破裂脳動脈瘤*当院・脳神経外科へ紹介された場合も、術前検査が必要な場合は当科へ再紹介されています。